お試しから始められる40代で使ってみたい化粧水

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション

ナノ化ヒアルロン酸配合!目元口元にハリを生むドクターズコスメ

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション

アトピーで超敏感肌の私ですが、こちらの化粧水を使い始めてから肌荒れをおこすことがなくなりました。とろみは今まで使ってきた化粧水の中でも一番あります。濃グリセリンの効果でかなり肌表面がベタベタはしますが、ハンドプレスを何回か繰り返すと引っ付いてくるくらいしっとりします。

皮膚再生医療の現場から生まれたハリ化粧水。EGFを始め7種類ものペプチド配合されているので、肌が元々持つ再生力を高めてくっきりとしたしわも、もっちりハリのある肌にしてくれるのが特徴です。さらに浸透性をアップさせるため低分子のヒアルロン酸を配合し、肌荒れを感知。優先的に美容成分を行き渡らせる独自のセンサーで肌トラブルも防ぎます。ドクターズコスメなので肌質関係なく、肌の衰えを感じ始めた40代におすすめの化粧水です。
10日間トライアルセット1,620円・税込
(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
40代化粧水アンケート

編集部アボガドの感想

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション

少しとろみがあり、美容液のようなテクスチャーです。

 

一瞬で浸透という感じはありませんでしたが、丁寧にハンドプレスすると内側からしっとり、ふっくらしてきました。肌に馴染むと奥まで浸透して、潤してくれる感じがします。

 

この化粧水の後はクリームでふたをするだけで、翌朝もしっとり。保湿の持続性も高かったです。

 

そして何より皮膚科医開発のドクターズコスメだけあって、つけ心地が優しく刺激に敏感になりがちな40代におすすめだと思います。

アテニア ドレスリフト ローション

乾燥によるたるみに!ぼやけた印象にメリハリを与える時計美容化粧水

アテニア ドレスリフト ローション

まず驚いたのはトロみがあるのにかなりのスピードで浸透していったこと。とろみ系は浸透が遅い物が多いのに、こちらは肌の上でジュワーっと浸透していく感じ。ダマスクローズの香りも好み。しっとりして肌を持ち上げてくれる感じで、お肌のぷるぷる感を取り戻したように思えるし、化粧のノリもよくなってきた。

アテニアのハリ特化ライン・ドレスリフトの化粧水。最先端の3D美肌成分、に乾燥から肌を守り潤いを保つラフィノースを配合することで単に保湿だけでは得られない20代の頃のような立体的なハリを生んでくれるのが特徴です。また時間帯で変わっていく肌状態に合わせた集中ケアが行うことができるうえ、乾燥から肌を守り潤いキープ。特に乾燥が原因によるたるみやほうれい線に使ってみたい化粧水です。
1,500円・税込
(石けん・化粧水・日中用保湿乳液・夜用保湿クリーム)
40代化粧水アンケート

編集部いちごの感想

アテニア ドレスリフト ローション

ややとろみがあり、口コミでは少しヌルつきを感じるとの声も・・。

 

確かに保湿力が高いので肌に伸ばすだけだと被膜感があるかもしれませんが、少しでもハンドプレスすることでしっかり浸透してべたつくことはありませんでした。もはやつるつるっとした肌触りに!

 

その保湿力は持続性もあり朝から晩・夜から翌朝、常にしっとり潤っているのを感じました。

 

さらにアテニアは高機能エイジングケア化粧品の中でも手の届きやすい金額なので、あまりお金をかけたくないけど本格的なエイジングケアを始めたいという40代にぴったりな化粧品だと思います。

B.A ローション

化粧水のみでも高い保湿力!肌の奥からハリを生む美容液いらずの高級化粧水

B.A  ローション

高級感のある香りでスキンケアしながらとっても癒されます。とろみがありますが、みずみずしさもあるので肌馴染みがいい!今まで経験した事のない保湿力、加えて艶も感じられました。お値段はそれなりにしますが、シンプルラインで揃えられるのでそこまでコスパは悪くないのかなと思います。

ポーラの最高峰ブランドB.A の人気化粧水。エイジングケアに定評のあるポーラの中でも最高ブランドなだけに使い心地、効果ともに高評価!ポーラのオリジナル保湿成分配合でふっくらとハリと弾力のある肌、明るく透明感のある肌を実現。高い浸透性と長時間潤う保湿力が大きな特徴です。化粧水だけで高い美容効果を可能にしているのでシンプルケアを目指したい40代にもおすすめです。
B.Aベーシックセット2週間お試しセット10,800円・税込 ※通販限定
(B.Aクレンジング・B.Aウォッシュ・B.Aローション・B.Aミルク・B.Aクリーム)
公式HPへB.A ローション

編集部ゆずの感想

B.A ローション

テクスチャーはややとろみがあり美容液さながら!肌に伸ばしてみると思いのほか伸びがよく、2プッシュで顔全体に行き渡りました。

 

とろみがあるのでしっかり浸透してくれるか心配でしたが、塗り広げたそばからグングン肌に入り込む!必要以上にハンドプレスをしなくても肌にふっくら感が生まれました。

 

この浸透力のおかげで時間が経っても肌がツヤツヤで、肌がキュッと引き締まり持ち上げられたような感覚が・・。心なしか顔が一回り小さくなったように見えるほどです。

 

少しお値段は張りますが即効性も期待できた化粧水なので、今は深刻ではないたるみでもこれ以上ひどくなりたくない・・という40代には使ってみる価値ありだと思います。

アスタリフト ローション

アスタキサンチンと3種のコラーゲン!乾燥とエイジングをWケアする化粧水

アスタリフト ローション

優しいローズの香りに癒されます。ジェリーアクアリスタの次につけましたが、肌に吸い付くような付け心地。とても浸透がよく乾燥しない上にべたつきません。乾燥肌の人には物足りないかもしれませんが、サッパリ使いたい人におすすめです。

40代、50代に人気のアスタリフトの美容化粧水。アスタキサンチン、3種のコラーゲンにリコピン、ヒアルロン酸などの美容成分、保湿成分をバランス良く配合、独自のナノ技術でしっかりと肌の奥にまで浸透させてくれるのが特徴です。ライン使いがおすすめです。
5日間トライアルキット1000円・税別
(ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包・ローション 20ml・エッセンスデスティニー 5ml・クリーム 5g)

資生堂 エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W II

独自コラーゲン配合!肌質が変わってきたなと感じ始めたら使いたい薬用化粧水

資生堂 エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W II

しっとりタイプを使っていますが、べたつきはなく、スーッと肌に入っていく感じで、つけた後も、ふっくらします。以前はファンデーションののりが悪く、悩んでいましたが、こちらを使い始めてから気にならなくなっています。

肌質が大きく変わってくる30代後半から40代で使ってみたい薬用化粧水。メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防いでくれます。肌質に合わせて「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」の3タイプから選べるのが特徴。アクアフローラルの香りに癒やされる人気の化粧水です。
1週間トライアルセット1,080円・税込
(化粧水30ml・乳液18ml・美容乳液5ml)
公式HPへ40代化粧水アンケート

ヤクルト イキテル ローション

高保湿なのにさらっとした使用感!肌馴染みのいい乳酸菌由来の化粧水

ヤクルト イキテル ローション

さらっとした中にも少しとろみがあるテクスチャーで優しいつけ心地です。肌に密着するタイプではないですが、スーッと浸透する感じ。肌がみずみずしくなり、ふっくらしてきます。高保湿の化粧水を付けるとTゾーンがべたつきやすいですが、その心配もありません。ポンプ式なので出し過ぎも防げて助かります。

乳酸菌のスペシャリスト、ヤクルトがつくった乳酸菌由来の化粧水。乳酸菌は肌に馴染みやすく保湿性の高い美容成分。肌を潤しハリ・弾力、透明感を生み出す特徴があります。さらに高保湿ながらさらっとした使用感なので、ベタつきが刺激になりやすい40代も使いやすい化粧水です。弱酸性で無添加処方でつくられているのも魅力です。
3,000円・税別/初回お試し価格1,500円・税別 ※お一人1点限り/通販限定
公式HPへ

ディセンシア アヤナスローションコンセントレート

低刺激でも攻めのエイジング!高い保湿力を実現した敏感肌専用化粧水

ディセンシア アヤナスローションコンセントレート

敏感肌でもエイジングが出来るものを探してこちらをみつけました。潤いも感じるし匂いもなく使いやすいです。浸透力が良く、肌がふっくらします。そのおかげでほうれい線が目立たなくなった気がします。目に見えての即効性!という感じではありませんが、色々試した中では一番満足できました。(※この口コミは旧タイプのアヤナスローションの口コミです。)

潤い成分として注目を集めているセラミド(セラミドナノスフィア)配合の化粧水。敏感肌・乾燥肌専用コスメayanasuの化粧水だけあって高い保湿力をキープしながらも低刺激で敏感肌の人でも安心して使用できるのがメリット!敏感肌の化粧水として真っ先に試してみたいアイテムです。
10日間トライアルセット通常価格2,700円・税込→初回限定価格1,480円・税込
(アヤナスローションコンセントレート20ml・アヤナスエッセンスコンセントレート10g・アヤナスクリームコンセントレート9g)
40代基礎化粧品アンケート

 

※@コスメや楽天レビューなどを参考に自分たちで実際に使ってみた感想、アンケート結果を元に40代に評価の高かった化粧水を独自に選んでみました。掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋しております。価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

 

B.A ローション 43歳 乾燥肌

1.アナタの肌の状態と悩み

B.A  ローション

年々肌がしぼんでいくような元気のない状態になってきました。それに伴い透明感もなくなり、乾燥肌がどんどん進行していっているような感じでした。

 

2.その化粧水を選んだ理由

ヨモギやレンゲ草から取り出した保湿効果のエキスが入っているというのも、私のような乾燥肌に悩む人には魅力です。

 

3.最初の印象(テクスチャーと刺激・気になった点

上品なフローラルの香りで、とろみのあるテクスチャーです。 コクがあって濃密なとろみが、濃ローションというだけあって、ローションとというより美容液のような付け心地を感じます。スーッと肌に入っていき、あっという間になくなる感じです。ぐんぐん肌に入っていく感じで、内側から潤ってくれるので、保湿力もバッチリです。肌なじみを向上させ、肌への浸透感を高めた「モイストボリューム浸透処方」を採用されているおかげで、肌の浸透が本当に素晴らしい!あっという間に浸透してくれました。

 

4.使い方と工夫した点

あまりにも早く浸透するので、もう1プッシュ気になる目元につけて使用しました。手の平で温めると、絶妙なとろみ加減が肌に広がりぐぐっと入っていくのを感じました。夜はさらに目元、口元に重ねてつけて、引き上げるようにつけると、翌朝のハリ感を実感できます。

 

5.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

今まで経験した事のない保湿力、加えて艶も感じられました。ある日の仕事帰り、化粧直しをする時間もなく友人と会っていたのですが、「なんか艶があって乾燥していないよね!」と。夕方のお疲れ状態でも、効果があった様です。使い続けていると潤いに満ちた肌はキメが整ってきたのか、みずみずしく艶や透明感まで感じられました。夏の間に冷房や紫外線の影響で潤いを失った肌の内側まで届き、中からしっかり保湿してくれる優れもの。

公式HPで詳しく見てみる!

40代の化粧水の上手な選び方

40代はスキンケアの大きな曲がり角です。30代前後がよくお肌の曲がり角と言われますが、この時期は衰えが始まるという点で曲がり角になるのに対し、40代は衰えが加速していくという点で曲がり角となるのです。ですから化粧水選びでも肌の衰えを考慮したうえで適切な製品を選んでいく必要が出てきます。

老化により保湿成分は失われていく

40代化粧水

まず最大のポイントは乾燥対策です。老化によってセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が肌から失われていくことで水分が失われやすい状態になっていきます。

 

洗顔後はとくに水分が失われやすい状態にありますから、化粧水でしっかり保湿を行うことが求められるのです。

 

市販されている化粧水にはさまざまなタイプがありますが、まずは保湿効果が充実しているのものを選びましょう。先述した年齢とともに失われている保湿成分をうまく補えるものがオススメです。

 

それからできるだけ刺激が少ないもの。これは30代の段階でも重要なポイントでしたが、40代になるとその重要性が飛躍的に高まります。

 

洗顔後の敏感な肌に直接塗付するわけですから、刺激を与えてしまうような製品ではケアどころか逆効果になってしまいます。

肌トラブルを改善する効果のある製品を選ぶ

40代化粧水

合成界面活性剤や防腐剤といった添加物がなるべく使用されていないものを選ぶのはもちろん、エタノールなどのアルコール成分にも注意しましょう。

 

肌を引き締め、清涼感をもたらす効果を備えている一方、水分を蒸発させてしまう作用もあるからです。刺激だけでなく先述した乾燥対策の観点からも重視しておきたいポイントです。

 

肌質や抱えている肌トラブルに合わせた化粧水選びも大事なポイントです。40代にもなるとすでにさまざまなトラブルを抱えてしまっているケースも多く、その改善に直接役立つ化粧水も求められるからです。

 

シミが気になる方は美白化粧水、肌荒れやニキビ肌が気になる方はハトムギ化粧水など、トラブル・症状別に用意された化粧水も選択肢に加えておきましょう。

 

40代の肌環境は個人差が出やすいだけに、あくまで自分の肌環境に合ったものを選んでいくことが求められます。
参照:資生堂の化粧水 | お試し・トライアルから始める化粧水

化粧水の種類にはどんなものがある?

化粧水は洗顔後すぐに使用するスキンケア製品です。スキンケアの第一歩として、さらに次に使用する美容液や乳液の効果を高めるステップとしても重要な意味を持っています。

最も一般的なのが保湿効果を備えた化粧水

化粧水の種類

それだけに自分に適したものを選ぶ必要があるわけですが、そのためには化粧水の種類を把握しておくことが大事です。

 

とくに40代のスキンケアでは抱えている肌の悩みに合ったものを選ぶことが求められます。

 

洗顔後の肌にフタをして水分の蒸発を防ぐ点ではどれも共通しているのですが、それ以外の効果でいくつかの種類に分けることができます。

 

もっとも一般的なのが保湿効果を備えたタイプ。洗顔で失われた水分を保湿成分で補うとともに、肌そのものの保湿力を高める働きがあります。セラミドやヒアルロン酸などが配合されているのが特徴です。

 

それから美白化粧水。エイジング化粧品として注目を集めるようになっています。

 

保湿効果に加えてメラニン色素の生成を抑えたり薄くする効果がある成分が配合されています。ビタミンC誘導体やビタミンEのように刺激が少ないものからハイドロキノンにように効果も刺激も強いものまでさまざまな種類があるため、自分の肌環境に合わせて選ぶことが大事です。

脂性肌におすすめなのが収れん効果を備えた化粧水

化粧水の種類

保湿タイプと並んで多く見られるのが収れん効果を備えたタイプ。収れんとは肌を引き締める効果です。

 

洗顔後に開いた毛穴を引き締めるだけでなく、加齢による毛穴の開きや肌のたるみを引き締める働きもあります。さらに皮脂の分泌量を調節する効果もあります。脂性肌の人にとくに適しています。

 

ほかには汚れを落とす効果がある拭き取りタイプもあります。これも脂性肌に適したもので、洗顔で十分に落とすことができなかった皮脂を落とす効果があります。

 

このタイプを使用した後に改めて保湿タイプや収れんタイプの化粧水を使用するのが一般的です。

 

こうした種類の中から自分の目的に合ったものを選ぶことで肌トラブルの悩みの改善に役立つことでしょう。肌への刺激や美容液とのバランスも考慮したうえで選んでいきましょう。

40代で選んではいけない化粧品とは?

40代になったら改めて化粧品選びをやり直す必要があります。この年齢になると肌の老化が表面に出てくるようになります。そのため若い頃に使用していた化粧品では合わなくなってしまう可能性もあるのです。

合成界面活性剤は洗浄力も刺激も強いので避ける

40代化粧水口コミdプログラム

その点を考えずにずっと同じ化粧品を使い続けていると肌荒れやシミといったトラブルの原因となるだけに注意したいところです。

 

40代で選んではいけない化粧品の筆頭は「刺激が強い製品」です。とくに洗顔料やクレンジングは洗浄力を重視するあまりどうしても刺激が強いものを選んでしまいがち。

 

若い頃は肌にハリもあり、ターンオーバーを活発なので問題がなかった場合でも年齢とともにダメージを受けてしまうようになることもあります。とくに洗浄力と刺激の両方が強い合成界面活性剤が使用された化粧品は避けましょう。

 

それから添加物。多くの化粧品には製品の見栄えや使い心地、持ちをよくするためにパラベンや香料、着色料といった添加物が使用されています。

 

製品の品質を維持するためにどうしても必要なケースもあるため、これらの添加物は絶対にダメ、というわけではありませんが、余計な刺激を避けるためにもできるだけ使用されていないものを選んだ方がよいでしょう。

自分の肌悩みや相性も考慮する

40代化粧水口コミdプログラム

それから自分が抱えている肌の悩みに合った製品を選ぶこと。つまりどんなに効果が高く、人気の高い製品でも自分に合わない化粧品は選んではいけないということです。

 

肌の乾燥、ターンオーバーの乱れ、血行不良…改善したい問題に効果が期待できる化粧品を自分の判断で選びましょう。

 

また肌質との相性もあります。刺激に敏感になっている40代の肌では特定の成分に対してアレルギー反応を示すこともあります。世間で高く評価されているからといって必ずしも自分に向いた製品とは限らないわけです。

 

実際に使用してみて突っ張り感などの違和感を感じた場合にはすぐに使用を中止しましょう。

 

このように、肌への刺激と負担を最小限に抑えたうえで自分にとって最適なものを選ぶ。メディアや流行に流されない大人の判断が求められるともいえるでしょう。

更新履歴